彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わりゆく川原湯温泉界隈を訪ねて

9月6日(土)

【プレス発表】今しか見られない吾妻線、新しい吾妻線に乗りにいこう!
【プレス発表】吾妻線 線路付替え工事に伴う列車運休とバスによる代行運転について
ほんの数年前、民主党が政権交代の際に事業中止を公約に掲げて話題となった群馬県の八ッ場ダム。
迷走の末に中止は撤回されて事業継続となりましたが、工事の進捗に伴い水没予定地を走るJR吾妻線の
線路切替が10月1日に実施されることになりました。
そこで、18きっぷ消化を兼ねて切替区間である岩島~長野原草津口間の乗り納めに行って来ました。

まずは長野原草津口駅にて、新旧切り替え箇所の現状を見学。
DSC03417_convert_20140907182337.jpg DSC03419_convert_20140907182512.jpg
新線の設備はほぼ完成していて、あとは切り替えを待つばかりの状況。
駅構内では、当日の臨時列車に充当されたリゾートやまどりが留置線でひと休み中でした。

続いて川原湯温泉駅に移動。
この駅も線路切替と同時に移転が決まっていて、吾妻線唯一の木造駅舎もその役目を終えようと
しています。
DSC03513_convert_20140907210601.jpg DSC03426_convert_20140907182720.jpg DSC03428_convert_20140907182843.jpg DSC03425_convert_20140907183419.jpg

駅構内では写真展が開かれていて、名残を惜しむ皆様で賑わっていました。
DSC03437_convert_20140907184142.jpg DSC03434_convert_20140907183701.jpg DSC03433_convert_20140907183600.jpg
移転記念の入場券は残念ながら売り切れ。
DSC03435_convert_20140907184021.jpg

ホーム端には野生の猿も姿を見せていました。
彼らはダム完成後どこに居場所を求めるのでしょう…。
DSC03441_convert_20140907184329.jpg

ひと通り撮影した後は一旦駅を離れ、日本一短いトンネルとして有名な樽沢トンネルを訪問。
水没こそ免れたものの、ここも鉄道トンネルとしての役目を間もなく終えます。
DSC03456_convert_20140907185036.jpg DSC03458_convert_20140907185200.jpg
上手い下手はさておき(エ トンネルをくぐる651系1000番台を捉えることが出来ました。
この区間を651系が定期で走行したのは半年余りということになりますね。
それにしても電線がうっとおしいですな。
DSC03460_convert_20140907185338.jpg

国道沿いにはダム建設地を知らせる看板が立っていました。
今は草木が生い茂る渓谷ですが、5年後くらいには風景が一変しているでしょう。
DSC03449_convert_20140907184654.jpg DSC03448_convert_20140907184508.jpg DSC03452_convert_20140907184912.jpg

せっかく川原湯温泉まで来たので、こちらも水没の運命にある旧温泉街の現状も見てきました。
狭い斜面に林立していた旅館や土産物店、飲食店等はすっかり移転が進み、建物の廃屋や土台が
点在する寂しい風景が広がっています。
DSC03472_convert_20140907190026.jpg DSC03473_convert_20140907190154.jpg DSC03477_convert_20140907190445.jpg

温泉街で最大の共同浴場だった王湯(2014年7月移転済)は建物が残っていました。
DSC03478_convert_20140907190614.jpg
移転を知らせる貼紙と、旧源泉から漏れ出る湯気が切なかったです。
湖底に沈もうとするこの貴重な旧源泉、何とか活用出来ないもんでしょうか・・・。
DSC03481_convert_20140907205104.jpg DSC03480_convert_20140907204935.jpg
=======
【2014年9月13日追記】
調べてみたところ、新源泉だけでなく旧源泉からも代替地へ配湯する計画はあるようです。
川原湯温泉における温泉配湯について(国交省関東地方整備局)
技術や費用の面で課題はあるようですが、何とかクリアしてくれると嬉しいですネ。
=======

王湯から斜面を下った所にあった笹湯(2011年10月閉鎖)も建物が残っていました。
数人が入れば満員になる小さな湯船が懐かしく思い出されます。
DSC03498_convert_20140907210316.jpg DSC03499_convert_20140907210414.jpg

温泉街を望む高台に位置していた聖天様露天風呂(2013年6月閉鎖)は小屋が残っていますが、
現場は立入禁止となっています。
※下記写真は閉鎖後の2013年12月に撮影
DSC02431_convert_20140907181410.jpg DSC02433_convert_20140907181615.jpg DSC02434_convert_20140907181754.jpg DSC02435_convert_20140907181932.jpg

温泉街の近くにある新源泉を覗いてみると、王湯移転と同時に源泉口及び足湯を閉鎖した旨の貼紙が
ありました。
DSC03482_convert_20140907205229.jpg DSC03483_convert_20140907205340.jpg
足湯で歩き回った足の疲れを癒し、源泉口で温泉卵を作ったのも懐かしい思い出です。
DSC02450_convert_20140907182155.jpg

旧温泉街から坂を上って川原湯神社の脇を抜けると、川原湯温泉の新駅舎及び構内が姿を現しました。
DSC03488_convert_20140907205630.jpg DSC03490_convert_20140907205804.jpg DSC03491_convert_20140907210021.jpg
駅舎やホーム等はほぼ完成していましたが、駅前広場やアクセス道路は舗装すらされていない状況。
10月1日の移転開業に間に合うとはとても思えないのですが…。

源頼朝以来の長い歴史を持ちながらも時の政治に翻弄され、迷走の果てに湖底に沈もうとしている
旧川原湯温泉。
未来へ向かうダム建設現場、過去に消え行く旧温泉街、風光明媚な渓谷沿いを走る列車が同時に
見られるのもあとわずかです。
DSC03461_convert_20140907185506.jpg DSC03497_convert_20140907210153.jpg DSC03431_convert_20140907183202.jpg

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 AIR 14 神奈川公演

8月3日(日)

6月より始まった水樹奈々ちゃんのライブツアー
「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」
全国を巡ってきたツアーの千秋楽となるAIR 14 神奈川公演(at横浜スタジアム)
に参戦してきました。

今はDeNAベイスターズの本拠地として知られるハマスタですが、世代的には前身の
チームである横浜大洋ホエールズの時代が懐かしく思い出されます。
スーパーカートリオやヒゲの斉藤らが活躍していた頃に思いを馳せつつの初訪問と
なりました。

DSC03337_convert_20140810211914.jpg
当日は開場2時間ほど前に横浜入り。
球場周辺は大変同士が多く、友人と落ち合うのもひと苦労でした。
野球開催の時でもこんなにお客さんは集まらな(ry
※実際、今回集まった3万2千人はハマスタ史上最高の動員数との発表あり

今回の指定席は1塁側スタンド席。
球場全体を見渡せて悪くはないのですが、沈み行く夕日をまともに喰らう位置なのが
困りもの。
身体の冷却を兼ねて、球場名物のみかん氷を食べつつ暑さをしのぎました。
DSC_0334.jpg

17時20分、予定より若干押して開演。
セットリストは下記の通り。
=======
01 VIRGIN CODE
02 NEXT ARCADIA
03 革命デュアリズム
04 Million Ways=One Destination
05 Don't be long
06 Fun Fun★People
07 ドラマティックラブ
08 笑顔の行方
09 DESIRE -情熱- ※カバー曲コーナー
10 空時計
11 FATE
12 GUILTY
13 still in the groove
14 undercover
15 アンティークナハトムジーク
16 Vitalization -Aufwachen Form-
17 アパッショナート
18 ETERNAL BLAZE
19 New Sensation
20 Rock you baby!
21 POWER GATE
22 ミラクル☆フライト
【アンコール】
23 JET PARK
24 セツナキャパシティー
25 innocent starter
26 DISCOTHEQUE
【ダブルアンコール】
27 アオイイロ
=======
21時00分終演。

千秋楽かつ映像収録を前提としているためか、屋内公演のみで使用してきた飛行機
「SUPERNAL077号」を飛ばしたり、ツアー初登場となる曲が散りばめられたりと、
スペシャル感を演出した公演になりました。
最も圧巻だったのは、16曲目と27曲目で見せた3Dフライト(フライング)。
ワイヤーに吊るされた奈々ちゃんがグラウンド上空を外へ内へと歌いながら飛ぶ様は、
まさにツアータイトル「LIVE FLIGHT」に相応しいアクションでした。
それにしても、両足が宙に浮いてるのにいつも通り全力で歌える奈々ちゃんはただただ
"スゴイ!"の一言。
そんな奈々ちゃんも、映像パートでゲスト出演した"有野課長"ことよゐこの有野氏に
奈々ちゃんは身体の抵抗が少ないからパイロット向き
とからかわれる辺り、昔なじみの方々には頭が上がらないようで・・・。
愛されてる証拠ですね。

アンコールのラストでは山梨、香川に続いて花火が打ち上げられ、野外公演全てで
花火を見られる幸運に恵まれました。
また、ライブ中には下記の発表がありました。
◆10月15日、通算30枚目となるニューシングルを発売。
 表題曲は10月開始のアニメ「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞(ロンド)」主題歌。
◆9月27日開催のシンガポール公演はライブビューイングを実施。
◆2015年1月17・18日にさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)で
 アコースティックライブを開催。
アコースティックライブは以前から要望が多く寄せられていて、座って見るライブも
良いのではないかとの事で開催に至ったそうです。
しっとりと奈々ちゃんのボーカルを聴ける機会は少ないので期待したいところです。
ただ、今回のツアーでは他所から持ち込まれた流儀(咲○ラとか)が目立ったので、
一抹の不安が残りますが…。

国内飛行も無事着陸し、あとは追加公演となる海外飛行を残すのみ。
来年に向けてもまだまだ飛ばし続ける奈々ちゃんに、これからもかかっていくよ!

【余談】
当日はレンタカーを借りて現地入りしたのですが、店のクラス指定で用意された車が
"アオイイロ"のスイフトでした。
まるでセットリストを暗示していたかの様な…。
DSC03335_convert_20140810211427.jpg

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 AIR 13 香川公演

7月20日(日)

6月より始まった水樹奈々ちゃんのライブツアー
「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」
千秋楽手前となるAIR 13 香川公演(atさぬき市野外音楽広場テアトロン)
に参戦してきました。

開催地として発表された時から、秘境だの果ての地だのと話題になっていたテアトロン。
正直、三連休の中日という絶好の日程でなければ、関東の地から参戦は考えなかった
と思います。
ま、おかげで(個人的に)四国初上陸を果たせたので良かったのですが。

当日は夜行バスで高松入り。
会場に向かう前に、ことでんに乗って金刀比羅宮へ参拝。
御本宮にてライブの成功と遠征の無事をお祈りしました。
ここは海上交通の守り神で海軍関係者の信仰を集めてきた場所であり、最近艦これ提督に
着任した私としても意義のある参拝となりました。
DSC03293_convert_20140726234109.jpg DSC03294_convert_20140726234319.jpg

参拝後は再びことでんに乗車。
志度に到着後はシャトルバスに乗り換えて会場入り。
ステージのある場所へ降りる手前の高台から眺める瀬戸内海は風光明媚の一言。
屋外としては文句のつけ様がない素敵な環境に期待は膨らむ一方。
DSC03303_convert_20140726234958.jpg DSC03302_convert_20140726234657.jpg DSC03301_convert_20140726234538.jpg
今回の指定席はLブロック。
すり鉢状の観客席のほぼ中央となる位置で見晴らしが良い。
ただし、強烈な日差しを遮る物が全く無いのには参った…。

17時40分過ぎ、予定より若干押して開演。
セットリストは下記の通り。
※以下ネタバレを含みます。見たい方は画面を反転させてご覧下さい。
=======
01 VIRGIN CODE
02 残光のガイア
03 NEXT ARCADIA
04 Million Ways=One Destination
05 ETERNAL BLAZE
06 Fun Fun★People
07 ドラマティックラブ
08 笑顔の行方
09 MUGO・ん・・・色っぽい ※カバー曲コーナー
10 空時計
11 FATE
12 GUILTY
13 through the night
14 夢幻
15 アンティークナハトムジーク
16 革命デュアリズム
17 アパッショナート
18 POP MASTER
19 Rock you baby!
20 POWER GATE
21 ミラクル☆フライト
【アンコール】
22 JET PARK
23 セツナキャパシティー
24 DISCOTHEQUE
=======

20時50分終演。

終わった後なので書けますが、実は開演直前に疲労と暑さに打ちのめされてへたりそう
になりました。
立っているのもつらいほどでしたが、奈々ちゃんがステージに登場した瞬間、体内の
何かが弾けて一気に回復(!?)
その後、日没までは頭からタオルを被って直射日光を防御し、完全に日が沈んだ後は
問題なくいつものノリで楽しめました。
やはり、奈々ちゃんは人を奮い立たせる何かを持っているとしか言い様がないですね。
でも、今回はたまたま無事でしたが皆様は決してマネをなさらぬ様に…。

ほかにはない開放的な環境のせいか、奈々ちゃんもチェリボもテンションがいつもの
倍以上。
奈々ちゃんはダンスパートのエロ衣装をやたら前方の観客に見せつけるし、チェリボは
ステージの前方まで出てやんちゃするしとなかなかに楽しいステージでした。
奈々ちゃんは心配していた喉の調子もまずまず戻っている様でひと安心。
エロ師匠ぶりにも磨きが掛かっている様で安心しました(ェ
チェリボの"ケニー"こと北島健二氏の誕生日を会場全体で祝えたのも嬉しかったですね。
とても56歳には見えない若々しさで、これからもギター小僧を極めてほしいです。

アンコールのラストでは山梨に続いて花火が打ち上げられ、“夏本番”を強く感じさせる
演出に釘付けとなりました。夏の花火はホントいいもんですね。
ちなみにこの日は中国・四国地方の梅雨明けが宣言され、心配されていた夕立ぽいぽい
雲すら近寄ってきませんでした。奈々ちゃんの晴れ女パワーに1点の陰りもなし!

次回の参戦は千秋楽となるAIR 14 神奈川公演。
野外公演ばかり選んだ私のFLIGHTもいよいよ最終飛行。
ハマスタでどんなパフォーマンスを見せてくれるか期待して待ちます♪
DSC03331_convert_20140727001455.jpg

【余談】
お約束ですが、香川ではうどんばかり食べてました。
讃岐うどん実に美味ナリ。まだまだ食い足りないデスネ。
DSC03256_convert_20140726233736.jpg DSC03298_convert_20140726234435.jpg

水樹奈々 NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 AIR 01 山梨公演

6月1日(日)

今年1月のNANA WINTER FESTAで発表された水樹奈々ちゃんのライブツアー
「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」がついに始まりました!
その開幕戦であるAIR 01 山梨公演(at富士急ハイランドコニファーフォレスト)
に参戦してきました。

DSC03173_convert_20140603213014.jpg DSC03175_convert_20140603213126.jpg DSC03176_convert_20140603213239.jpg
この開幕戦については、園内にあるハイランドホールシアターにてライブグッズ
の前日販売が実施されました。
本番当日の体力消耗を回避すべくそちらにも参戦しましたが、待機列がピークで
500人前後と若干拍子抜けになるほどの平和な状況。
当初11時半開始の予定が1時間繰り上がり、売り切れも発生しない中で正午には
全ての予定を終えて会場を後にするという理想的な攻略となりました。

DSC03180_convert_20140603213414.jpg
翌日はあせる必要も無く、14時半頃に現地入り。
富士山の麓は雲ひとつない青空に加えて、6月頭とは思えないほどの猛烈な暑さ。
開場まで間があったので、奈々カラオケ大会を観覧したり第81回日本ダービーの
実況を聴きつつ時間を潰し、16時頃になって会場に入場。
コニファーフォレストの広大な敷地を横長に使ったステージと座席は、とても
ツアーの一公演とは思えないほど迫力ある造り。
屋外の開放感とあいまって夏フェスのような雰囲気を醸し出していました。

チケットに指定されたB7ブロックの座席に陣取り、場内に流れる映画「トップガン」
のサントラに耳を傾けつつ開演の時を待ちました。
奈々ちゃんの広告写真はキャビンアテンダント(以下CA)だったけど、舞台やBGM
は明らかに軍用機を意識していてそのギャップにやや戸惑い。

16時42分、予定より若干押して開演。
セットリストは下記の通り(某掲示板等より引用)。
※以下ネタバレを含みます。見たい方は画面を反転させてご覧下さい。
=======
01 VIRGIN CODE
02 Preserved Roses
03 Stay Gold
04 Million Ways=One Destination
05 ETERNAL BLAZE
06 Fun Fun★People
07 ドラマティックラブ
08 笑顔の行方
09 GAMBAらなくちゃね ※カバー曲コーナー
10 空時計
11 FATE
12 GUILTY
13 still in the groove
14 理想論
15 アンティークナハトムジーク
16 革命デュアリズム
17 アパッショナート
18 New Sensation
19 Rock you baby!
20 POWER GATE
21 ミラクル☆フライト
【アンコール】
22 時空サファイア
23 セツナキャパシティー
24 DISCOTHEQUE
=======
19時40分頃終演。

最新アルバム「SUPERNAL LIBERTY」の楽曲を中心に、定番曲や隠れた名曲、
カバー曲ありの奈々ライブらしいごった煮な構成。
中でも、本編ラストのミラフラはここでやらねばいつやると言っても過言ではない
お約束の選曲。期待していただけにイントロから歓喜しっぱなしでした。
他にも、ニューセンやステグル等いわゆる「矢吹曲」が要所を締めるスパイスにな
っていた様に思います。
会場替わりのカバー曲コーナーの復活は嬉しいですね。いつ以来の事かはすっかり
忘れてしまいましたがw
歌う曲は某昼番組で使っているサイコロを転がして決める方式。
奈々ちゃん曰く、富士急ハイランドを訪れたのはPritsのアルバム撮影以来だそう
ですが、そのPritsでカバーした曲をいきなり引き当てたのは縁としか言い様がない
でしょう。
私は更に遡って原曲のリンドバーグ世代ですが、聴いていて懐かしさに涙がこぼれ
そうでした。
サイコロには他に懐かしのアイドルソングが印字されていたので今後も楽しみです♪

ステージ衣装もいつも以上に凝っていて、パイロット風あり、和風あり、セクシーCA
ありと青少年には目の毒では!?と思えるほどのサービスぶり。
特にセクシーCAは奈々ちゃんが「見られたいけど見ないでほしい(照」と恥ずかしが
っていたのがツボでしたw
なるほどもっとガン見しろと(ヲ

映像ネタではゲストの某後輩声優に
「先輩をいじるのって楽しいですねー。」
と無茶振りを喰らって困惑する姿もまた可愛かったです。
会場ごとにどう無茶振りがエスカレートしていくか楽しみですw
ななっしーに奈々汁もっとかけてほしかったなぁ(駄目男


炎を多用したダイナミックな演出、チェリーボーイズやチームヨーダの安定した
パフォーマンス、右に左に客席内に動きまわる奈々ちゃんと一瞬たりとも飽きさ
せないステージに暑さを忘れて楽しめたAIR 01。
奈々ちゃんのボーカルも絶好調で、優れた伸びや表現力に終始圧倒されっぱなし
でした。明らかにCD音源を上回る曲もあって大満足の一言。
アンコールのラストでは花火が打ち上げられ、2年前のUNION千葉の時とは違って
“夏開始!”を強く印象付ける締めとなりました。

次回の参戦は7月のAIR 13 香川公演。
また野外なので奈々ちゃんの晴れ女パワーに期待!
DSC03182_convert_20140603213524.jpg

水樹奈々「SUPERNAL LIBERTY」を買ってきた

4月16日(水)

SUPERNAL LIBERTYSUPERNAL LIBERTY
(2014/04/16)
水樹奈々

商品詳細を見る

をタワーレコード渋谷店にて購入。
店内は入口正面、壁面、天井と至る所に奈々ちゃんのPOPが飾られていて、店側
でも力を入れて宣伝しているのが伝わってきました。
人気、注目度ともに、もはやアニメ・声優好きの間だけに留まらないレベルまで
広がっていると見ていいのでしょうか。
DSC03029_convert_20140417003444.jpg DSC03022_convert_20140417003852.jpg
駅構内やビル看板、アドトレインにアドトレーラー等々広告も幅広く展開されて
いて、ファンとしては嬉しいやら戸惑うやらで何ともいえぬ複雑な感情w
DSC02998_convert_20140417002522.jpg DSC03005_convert_20140417002625.jpg DSC03007_convert_20140417002728.jpg
DSC03010_convert_20140417003101.jpg DSC03044_convert_20140417003658.jpg
DSC03015_convert_20140417003224.jpg DSC03038_convert_20140417003558.jpg

オリジナルアルバムとしては、2012年発売の「ROCKBOUND NEIGHBORS」以来となる
通算10作目。
レトロ&フューチャーというテーマに沿って制作された全15曲は、いずれもどこか
懐かしさと目新しさを織り交ぜた雰囲気に仕上がっています。
イントロからぐいぐいと盛り上げていく「VIRGIN CODE」に始まり、奈々流ヘヴィメタル
の「アパッショナート」、30代以上には懐かしいドリカムのカバー「笑顔の行方」、
ミステリアスなストリングスが魅力の「アンティークナハトムジーク」、ファンキーな
ノリが耳も身体もウキウキさせる「Fun Fun★People」、歌謡曲チックな切なさと艶に
満ちた「哀愁トワイライト」、硬質なボーカルに耳を奪われる「Ladyspiker」、
どことなく90年代後期の薫りが漂う「僕らの未来」等々で攻め立て、最後は壮大かつ
柔らかなバラード「愛の星-two hearts-」で綺麗に締めくくっています。

楽曲のとっつきやすさに関しては、正直前作の方が分かりやすかったかもしれません。
でも、奈々ちゃんが自分のルーツを見つめて表現したい事を自由にやり切ったという
充実度は今作の方が上回っている様に感じます。
勝手な主観ですが、奈々ソンばかり聴いている層と他の音楽も楽しんでいる層とで
評価が分かれるかもしれません。
個人的には噛み応えのあるスルメな1枚になる予感がします。

このアルバムを引っさげて、6月からはライブツアー「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」
も始まります。
アルバム曲がライブでどう化けるかも含め、今から楽しみで仕方ないです。
その前に、4月下旬に東名阪で行われる握手会が当選するかどうか…。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
842位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
226位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。