彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水樹奈々 NANA WINTER FESTA 2014

1月18日(土)

お久しぶりのたれ斜壊人でございます。
更新をお休みしている間に2014年が始まっていました。
遅ればせながら、今年も宜しくお願い致します。

水樹奈々ちゃんのイベント「水樹奈々NANA WINTER FESTA 2014」の1日目に参戦
してきました。
いわゆる「奈々フェス」形式での開催は2007年7月のZepp Tokyo以来。
7年前は夜公演のみ開催の予定が急遽昼公演も追加され、調子に乗って2回廻しした
思い出があります。
どちらも場内がすし詰めで立ち位置を確保するのに必死でした…。
当時のイベント内容は、ファンが選ぶ奈々ソングベスト10とスマイルギャング
Zepp Tokyo集会の2本立てでしたが、今回はどのような企画で楽しませてくれるの
でしょう。

DSC02639_convert_20140119215020.jpg DSC02637_convert_20140119215131.jpg
会場となる有明コロシアムは初めて訪れる施設で、場内で座席の位置を特定する
のに若干手間取りました。
番号が必ずしも最前から順番通りに割り振られている訳ではないので、開演後も
結構迷子になっている人がいましたね。
今回の指定席は1F13列の角地。場内中央に設置されたステージ全体を見渡せる良席。
なお、開演前のBGMは「スカイ・ハイ」を始めとするプロレスラー入場曲ばかり。
まぁ、有明コロシアムといえばプロレスの聖地でもありますからねぇ。

17時11分、予定より若干押して開演。
「ドラマティックラブ」
「アオイイロ」
の2曲で幕開け。
ドラマティックラブの生歌は初お披露目。ダンスが可愛いです♪
アオイイロは久しぶりのせいか、Cメロ部の振りコピを忘れてました(汗

その後、三嶋プロデューサーが登場して奈々ちゃんとともに進行開始。
前半は「あなたが選ぶNANAソン BEST10!」
昨年暮れにネット上で募集した奈々ソングを集計し、上位10曲を懐かしのライブ衣装
に着替えて歌うというもの。
2007年の奈々フェスや2009年・2011年FCイベントの時と同様の形式です。
なお、今回のカウントダウンのナレーションは大御所DJ・小林克也氏が務めました。
言うまでも無くいい声なんですが、紹介するくだりが"FUNKY FRIDAY"を連想させて
しまうのは…克也さんのせいじゃないですw
その上位10曲は下記の通り(※カッコ内は衣装を着たライブ)。
=======
10位:POWER GATE(LIVE SENSATION)
9位 :Tears' Night(LIVE ACADEMY 2010)
8位 :BRIGHT STREAM(  〃  )
7位 :innocent starter(LIVE GAMES 2010 BLUE STAGE)
6位 :愛の星(  〃  )
5位 :Pray(  〃  )
4位 :革命デュアリズム(LIVE CIRCUS 2013)
3位 :Crystal Letter(LIVE MUSEUM 2007)
2位 :ETERNAL BLAZE(LIVE CASTLE 2011)
1位 :深愛(LIVE GRACE 2011 -ORCHESTRA-)
=======
なお、11位から77位もダイジェストで紹介されました。
72位「真冬の観覧車」では、2001年のクリスマスライブの映像が出てきて驚き。
なんでも当時のマネージャーが記録用に録画しておいた素材だそうです。
いやー若かったですねー(当たり前

合わせて、同時募集した「あなたが選ぶチェリボソン BEST6!」も発表された。
ライブ時に披露されるcherry boysオリジナル曲も溜まってきてますね。
その順位は下記の通り(※カッコ内は披露されたライブ)。
=======
6位:俺たちのJOURNEY(LIVE JOURNEY 2011)
5位:恋のロックンロールストーリー(LIVE UNION 2012)
4位:音楽戦隊チェリボセブンのテーマ(LIVE DIAMOND 2009)
3位:DEAR MY PRINCESS(LIVE ACADEMY 2010)
2位:愛のチェリボknight(LIVE CASTLE 2011)
1位:音楽戦隊チェリボセブンGのテーマ(LIVE CIRCUS 2013)
=======
なお、全て生演奏されました。

まさかのパワゲギリギリトップ10とか、デュエット曲ながら食い込んできた
革命4位とか、曲数も増えてファン層も入れ替わってくると人気曲も変わって
くるのかとなかなか驚かされた結果でした。
とはいえ、パワゲやエタブレ等定番曲に対する根強い支持もちゃんと存在して
いることが見えてきますね。
あと、三嶋Pもコメントしてましたが、季節が変われば違う順位になる可能性は
大いにありそうです。クリレタやティアナイは冬の曲ですしね。
それにしても、10位を除き全て見てるはずのライブ衣装が記憶と一致しないこと。
現場で興奮してると細かいことは覚えちゃいません(言い訳

後半はTOKYO FMのラジオ番組「水樹奈々のMの世界」の公開録音。
ゲストとして小説家の京極夏彦先生が登場し、奈々ちゃんと三嶋Pと3人で収録開始。
京極先生との出会いは、Mの世界と同じくTOKYO FMで放送されている
「東京ガベージコレクション」に奈々ちゃんがゲスト出演したのがきっかけ。
この時は、レギュラーの平山夢明先生と京極先生に奈々ちゃんが絡まれてる様な
酷い構図だったのは覚えてますw
何でも、京極先生の書棚には自伝本「深愛」が収められていて、内容を盛るわけ
でもなく素直に書かれているのに感心したとのこと。
文庫化に関して「ファンは帯が変わっただけでも買いますから」という名言まで
飛び出しました。俺たちのことを良く分かってらっしゃいますw

番組の名物コーナー「コトバのチカラ〜声に出して読んで欲しい日本語〜」では、
京極先生の作品を題材として、1本は奈々ちゃんと京極先生の掛け合い、もう1本は
奈々ちゃん単独の朗読が披露されました。
ちょっぴり淫靡でお下品なネタを奈々ボイスで聴けたのはご褒美でしたねw
京極先生もいい声で淡々と演じられていて、もっと聴いていたいひと時でした。
なお、この公録の模様は1月25日(土)24時30分より放送予定とのこと。

ラストでは、重大発表が1点ありました。
2014年4月16日、
10thオリジナルアルバム発売決定!

すでにレコーディングを開始しており、過去最多ともいえる新曲数で且つ作家が
すべて異なる構成になる予定とのことで、どれだけごった煮的な内容になるか、
今から楽しみです。
その発表後、アルバムに収録される出来たてホヤホヤの1曲が生歌でお披露目され
ました。(曲名は聞き損ねました。→「Ladyspiker」とのこと。)

21:02終演。
21時で音響設備が使用出来なくなるため、最後の挨拶は奈々ちゃんが生声で行い
ました。最後の最後までサービス精神旺盛なのが奈々ちゃんのイイ所♪

前回の奈々フェスから7年経って再び開催出来たのは、実は偶然だったとのこと。
それを踏まえて、7年後にまた開催したいとの話も飛び出しました。
三嶋Pはその頃にかなり歳を重ねている点を気にしてましたが、私もあまり笑えない
お年頃になってるんですよね(深刻
でも、奈々ちゃんが突っ走る限り、何とかついていきたいと気持ちを新たにした
楽しいイベントでした。
2014年も奈々ちゃんにかかっていくよ!
DSC02644_convert_20140119220400.jpg


【追記その1】
奈々フェス2日目にて、2014年夏ライブツアーの詳細が発表されました。
=======
「NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014」
6月1日(日) 山梨/富士急ハイランド コニファーフォレスト
6月8日(日) 長野/長野ビッグハット
6月14日(土)・15日(日) 三重/三重県営サンアリーナ
6月21日(土)・22日(日) 福岡/北九州メディアドーム
6月28日(土) 山口/防府市公会堂
6月29日(日) 鳥取/米子コンベンションセンター BiG SHiP
7月5日(土) 山形/やまぎんホール(山形県県民会館)
7月6日(日) 宮城/東京エレクトロンホール宮城
7月11日(金)・12日(土) 大阪/大阪市中央体育館
7月20日(日) 香川/さぬき市野外音楽広場テアトロン
8月3日(日) 神奈川/横浜スタジアム
http://www.mizukinana.jp/news/index.html
=======
ニューアルバムを引っ下げてのライブツアー、今回も何箇所行けるか楽しみです♪

【追記その2】
有明コロシアムを訪れたその日、会場近くを通るゆりかもめでは新車「7300系」
がデビューしました。
営業運転に入っていたのは確認しましたが、残念ながら初乗車は叶わず。
DSC02635_convert_20140119214600.jpg
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
221位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。