彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2013 Autumn *Caramel Ribbon*@横浜アリーナ

9月16日(月・振休)

田村ゆかり姫のライブ
「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2013 Autumn *Caramel Ribbon*」
に参戦してきた。
前回のライブから約3ヶ月ぶりで、横浜アリーナでのゆかりんライブは約1年ぶり。
単発開催なだけにどんな演出を仕掛けてくるのか、事前に発表されていた3パターンもの
グッズと合わせ期待を膨らませて当日を迎えた。
しかし、ゆかり姫はともかく神楽坂ゆかとは何なのか…謎は当日まで持ち越し。

DSC02190_convert_20130923200921.jpg DSC02191_convert_20130923201046.jpg
ところが、ライブ当日に最大の障害が関東を襲った。台風18号である。
なにも日程を合わせて上陸しなくてもいいのに…思わず3年前の出来事が頭をよぎる。
会場までの交通手段も一部運行見合わせとなったため、お昼過ぎまで自宅で待機。
結局自宅を出たのは14時過ぎ。かなり出遅れてしまったが致し方ない。

16時前に会場となる横浜アリーナに到着し、物販ブースを覗いていこうとしたが待機列が
結構伸びていて進みが悪かったため断念。
通常なら列が短くなっている時間帯だが、台風の影響で出足が遅かったのだろう。

友人と落ち合った後入場列に合流し、17時半過ぎにホールへ入場。
今回の指定席はアリーナCの前方通路側。
最近よく通路側を引くのだが、ブレを気にせず跳べとのサインか。
※隣になる方ゴメンナサイ。

予定時刻より若干押して18時15分開演。
セットリストは下記の通り(某掲示板等より引用)。
=======
【前座:神楽坂ゆか】
01 ときめきフォーリンラブ
02 初恋
03 女豹
04 SUKI・・・っていいでしょ?
【本編:田村ゆかり(&ゆかり姫)】
01 アンドロメダまで1hour
02 この指とまれ
03 太陽のイヴ
04 咲かせて乙女
05 神様RESCUE ME!!
06 上弦の月
07 めろ~んのテーマ~ゆかり王国国歌~
08 †メタウサ姫~黒ゆかり王国ミサ~†
(PV:スパークリング☆トラベラー)
09 満月のセンシビリティー
10 Cursed Lily
11 Endless Story
12 恋と夢と砂時計(新曲)
13 W:Wonder tale
14 Little Wish~first step~
15 Fantastic future
16 fancy baby doll
17 LOVE ME NOW!
18 もうちょっとFall in Love
【アンコール】
19 スパークリング☆トラベラー
20 パーティーは終わらない
21 チェルシーガール
【ダブルアンコール】
22 チェルシーガール
=======
22時12分終演。

ダブアン込みで約4時間に及んだ公演。
さすがに終電が気になったが、どうにでもなれと腹を括ったおかげで大いに楽しめた。

何といっても今回の注目は神楽坂ゆかたん。
*I Love Rabbit*で初登場し、* Fall in Love *では着々とアイドルへの階段を駆け上る
姿を披露した新人アイドル「田村ゆかり」たんが改名しての再デビュー。
開演と同時に、鳳プロダクション所属のゆかたんが事務所の存続危機を乗り越えて
再デビューを果たすまでの経緯が映像で流れ、神楽坂ゆか誕生の理由をここで理解した。
着ぐるみやデュエット、セクシー系など様々な営業に体当たりして事務所を救ったゆかたん
へのご褒美が前座という形でのお披露目に繋がるというドラマチックなストーリー。
とことん昭和のかほりにこだわってるのが個人的には懐かしくてツボだった。

ステージ中、お尻に「ゆかたん」と縫い込まれた見せパンを2度も披露してくれたのは
ご褒美だよねw
自己紹介や退場の際にドギマギしていた様子が初々しくて可愛かった。
神楽坂ゆかたんの今後の展開に期待…していいのかな?

ゆかたん退場後は「SUKI・・・っていいでしょ?」のPVとミニアルバムのCMが繰り返し流れ、
改めて*Caramel Ribbon*開演のアナウンスが流れるという手の込みよう。
こういうこだわりは嫌いじゃない。むしろもっとやってw

本編(!?)はいつも通りのゆかりんワールド。
曲の合間には新曲「スパークリングトラベラー」PVや、中秋の名月に因んでかぐや姫風の
ゆかりんが月に帰るまでを追った映像、諏訪湖でのバーチャルデート映像が挟まれる編成。
十二単や浴衣を身にまとったゆかりんはため息が出るほど美しくて可愛かった。眼福。

MCでは、
「永遠の愛なんてないよね、という話を浅野真澄ちゃんとしてる。」
「みんな代々木が外れたから来たんでしょ。」※スフィアライブの事
「人生の迷子。」
「10年後は田村ゆかり氏十七歳。その頃は高円寺のカフェでライブやる。」
「人間関係を築くのは難しいけど壊れるのは一瞬。」
と相変わらずのネガティブ全開。
立ち寄ったおでん屋の大将に、声優であることや「黒執事」「刀語」に出演してるのを
当てられた話には驚いた。その大将がいるおでん屋にぜひ行ってみたい。

しかし、何といっても一番盛り上がったのはアンコール終了時からダブアンに至る流れ。
ゆかりん「10年後は無理かもしれないけど、もうちょっと、もっともっとみんなと楽しみたい。」
「まだ帰りたくない。」「でも帰りたい人は帰っていいよ。」
→客「もう遅い!」
→ゆかりん「もう1曲…みっしーにお願いしよう。」「こういう時こそ土下座外交じゃない?」
で、ゆかりんと観客の全員で土下座。

1万人以上の人間が一斉に土下座する場面なんてそうそう立ち会えるもんじゃないわな。
土下座外交というか半沢直樹になった気分だったw
願いが叶うなら土下座なんていくらでもするさ。姫のためならどこまでも。
そして、願いを了承してくれたみっしーこと三嶋本部長に感謝。

アンコールでは下記の発表があった。
1.2014年秋開始のアニメ「のうりん」のOPを担当。
  ゆかりんは木下林檎役で出演。
  ここでゆかりんから「ずっきゅーん」のサービス。
  ゆかりん主演のアニメ「おとぎ銃士 赤ずきん」にいたのは木ノ下りんごだったね。
2.「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2014」ツアー開催決定。
  詳細は追って発表。一部の開催場所が未定との事。時期は2月頃らしい。
3.ファンクラブイベント開催決定。
  年内ギリギリに開催との事。まさかクリスマスやコミケと被るとか…。
なお、今秋発売予定のアルバムはまだタイトル未定。〆切は9月中とか。

ダブアン終了後は、ゆかりんの呼びかけで観客同士も手をつないでご挨拶。
ゆかりんとゆかりんを好きな人が会場で一体になった瞬間。最高にやり切った気分だった。

人生迷子とか10年後は無理かもとか、ゆかりんも色々と迷ってる様子が伝わってきて、
一王国民としては気が気でない。
同世代なだけに、先が見えなくて不安になる心境も良く分かる。
私自身もそう長くは現場に立ち合えないかもしれない状況なので、1日でも長くゆかりんを
見ていたい気持ちは強い。最も、それ自体が我侭なのかもしれないが。
だからこそ、次の予定が発表されるとホッとした気持ちになってしまう。

王国民自体は年々増加傾向にあると聞くが、最近入国した皆様には私たちおっさん共を
越える熱さと勢いでゆかりんを支えてほしい。
法被や鉢巻で身を固めて満足してもらっては困る。肝心なのは中身(気持ち)。
コールやアクションと合わせて、ゆかりんを強く支える想いをもっと前面に押し出して
圧倒してほしいと願う。
もちろん、私も残された時間の中で全力全開でゆかりんを応援する。

とにもかくにも、ゆかりんは世界一可愛いよ!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
221位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。