彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田村ゆかり 「LOVE ♡ LIVE 2012 Autumn * Fall in Love *」横浜アリーナ公演

10月18日(木)

田村ゆかり姫のライブツアー
「田村ゆかり LOVE ♡ LIVE 2012 Autumn * Fall in Love *」
の8公演目となる横浜アリーナ公演に参戦してきた。
週末と呼ぶには少し早い木曜日の開催。
平日は仕事に拘束される身としては結構ハードルが高く、参加するか否か結構迷ったんだよね。

F1000432_convert_20121020083114.jpg F1000433_convert_20121020083253.jpg
当日は夕方まで平常運行(=仕事)をこなし、どうにか早上がりを敢行して都内から新横浜へ移動。
17時半過ぎに会場となる横浜アリーナに到着。既に建物正面は高まる王国民で大混雑。
小雨が降りしきる中、入場列に合流して早々に会場入り。
ホールに入ってから上着を脱ぎ捨て、ライブTシャツ+スラックス+革靴というスタイルに変更。
如何にも仕事帰りのリーマン的な戦闘スタイルになってしまったw

今回の指定席は西スタンド2列。
ステージ構成がホールを横長に使うBステージパターンのため、座席からでも程よい距離感で
ステージが見渡せる。
これまで参加したイベントのステージパターンは縦長ばかりだったのでなかなか新鮮だった。

※以下ネタバレ有り。読みたい方は反転させてご覧下さい。
18時35分、定刻より若干押して開演。
セットリストは下記の通り(某掲示板等より引用)。
=======
01 Honey Moon
02 チェルシーガール
03 おしえて A to Z
04 Rainy Rainy Sunday
05 バンビーノ・バンビーナ
06 咲かせて乙女
07 ひとひらの恋 ※アコースティック
08 Sensitive Venus ※アコースティック
09 微笑みのプルマージュ
<「初恋」~映像「ザ・ランキングテン」より~>
10 Love Sick ※with motsu
11 エトランゼ
12 Beautiful Amulet
13 夢色ラビリンス ※新曲
14 アンジュ・パッセ
15 君とLOVE
16 Endless Story
17 パーティーは終わらない ※新曲/with motsu
18 MERRY MERRY MERRY MENU…ね!
19 Candy Smile
20 チアガール in my heart
21 恋のタイムマシン
22 fancy baby doll

【アンコール】
23 アンドロメダまで1hour
24 Super Special Smiling Shy girl
25 You & Me ※with motsu
=======
21時56分終演。
22曲目のプレゼントタイム及び終了時のお手振りタイムで、トロッコに乗って会場内を一周する
演出があったためか、他会場と比べて公演時間が若干長めだった。

アコースティックコーナーでサイリウムの光がゆらゆら揺れてる光景を見たゆかりんが
「海の中の赤潮のよう」とコメント。私たちはプランクトンかと(汗

feat.motsuの曲では全てmotsu氏本人が登場して生ラップ。
motsuVSお前ら(=観客)のラップ合戦はmotsu氏曰く「お前らの勝ちだー!」

「ザ・ランキングテン」はこれまでの中継映像に加えて、出演中というドラマ
「ツインテールはふり向かない」のメイキング映像が追加されていた。
タイトルといい設定といい、30年ほど前の大映ドラマっぽく見えたのは気のせいか。
 【追記】
 どこかで聞き覚えのあるタイトルだと調べたところ、元ネタは80年代半ばにTBS系で
 放映されたドラマ「ポニーテールはふり向かない」っぽい。
 推測通り大映ドラマで、主役がドラマーを目指す設定まで一緒w

映像ネタは「クイズ・世界のサビでドン」。解答者はゆかりんとスタッフ。
外国人にゆかりんの曲をヘッドホンで聞かせた上でサビの部分を歌わせ、何の曲かを当てるクイズ。
はっきり言ってほとんど分からなかったorz
優勝は3ポイントを獲得した太田雅友P。さすがサウンドプロデューサー。
しかし、実はゆかりんも同点で並んでたのに集計ミスで忘れられるというオチw

MCでは、
・平日なのにいっぱい来てくれてありがとう。でも客席の黒い布は復活。
・会場に来ていたアドトレーラーに同乗して周辺を一周。
 25tクラスのトラックだけど、荷台には夢も希望も詰まってな…いや詰まってる。
・ベストアルバムのポスターを見ようと新宿三丁目駅で探したが見つからず。
 調べてみたら新宿駅のアルプス広場に掲示されてることが判明。
 「ちゃんと下調べしないとね。情弱乙って思いました…。
・ひとり焼肉やひとり居酒屋に続き、ひとり回転寿司をマスター。
 その事を石岡さんに話したら「私も行きましょうか?」と心配された。
等といったトークを展開していた。


上でも触れたが、平日開催にも関わらず客席は8割以上埋まっていたように見えた。
ゆかりんとしてはその点をかなり心配してたらしく、客席に集った私たちに対して何度も感謝の言葉を
口にしていたのが印象的だった。
私にもっと商品価値や権力があれば…。」なんてことも言っていたが、多少の悪条件などものとも
しないのが王国民というもの、かな?

そして、ライブ中に新しい情報が2点発表された。

1)2013年1月放送開始のアニメ
 「俺の彼女と幼なじみが修羅場すぎる」出演及びED曲を担当

「俺の彼女と~」については出演の噂が流れてたが、これが確定した形。
ED曲を担当するということは、年明けにニューシングルが出るのは間違いなさそう。

2)2013年6月22・23日、
 さいたまスーパーアリーナでライブ開催決定

さいたまスーパーアリーナでのライブ2daysは、個人的には嬉しいのと同時に勝負に打って出たなと
感じてしまう。土日開催なので集客は見込めるだろうけどね。
どのモードでステージを構成するか、2日間のそれぞれでテーマを分けるか否か…等々、早くも内容
への期待は膨らむ一方。8ヶ月後とは随分先の話だが、恐らくあっという間に過ぎちゃうだろうね。
ゆかりん自身は「体力が持つか心配。跳び曲は座ってやらない?」といつも通りの弱音。
「行こうと思ってるけど会費の寄付ばかりしている。」というスポーツジムにちゃんと通えば何とか
なるんじゃないかなw

一方、発売されたばかりのベストアルバムについては
「みんな買ってくれたー?」
と軽く振ったくらいでさらりと流してしまった。
まぁ、ゆかりんの宣伝下手は1つの様式美だからなぁw

小さなホールでの公演と比べるといわゆる『濃さ』が薄まりがちなアリーナ公演ではあるが、
今回に関してはアットホームな雰囲気に包まれ、ゆかりん自身も慈しむような表情や仕草を
随所で見せていたのが印象に残った。
あと、スポットながら会場を盛り上げてくれたmotsu氏に感謝!

ツアーはあと2公演を残しているが、私の参戦は今回が千秋楽。
でも、この先にはゆかりちゃん祭りやSSA2daysが控えているので、まだまだパーティーは終わらない。
いつまでもゆかりんは世界一可愛いよ!

【余談】
ちらほら聞こえた「お水美味しい?」そろそろ封印しない?
しつこいのはゆかりんに嫌われるぜ?
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
221位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。