彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山下達郎「Ray Of Hope」を買ってきた


Ray Of Hope (初回限定盤)Ray Of Hope (初回限定盤)
(2011/08/10)
山下達郎

商品詳細を見る

をタワーレコード池袋店にて購入。
店内ではボーナスCDの「Joy1.5」がBGMで流れていた。

前作「SONORITE」から6年、待ちに待った達郎さんのニューアルバムはバラード三部作
「希望という名の光」
「僕らの夏の夢」
「ずっと一緒さ」
を軸とした、どちらかといえば内省的な楽曲の集合体。
では暗い雰囲気なのかといえばそうではなく、むしろ聴く人の内面に沁み込んで静かに光を灯してくれる存在とでも言うべきか。
達郎さんの詞が今までになく人間の内面や足元を見つめた内容になっているのは氏が歳を重ねたからか、それとも先の見えない世情がそうさせたのか。
何となくだが「僕の中の少年」辺りの作品を思い出させる。

前作では苦戦した新しいレコーディングスタイルにも慣れた様で、音質も耳馴染みの良い感じに仕上がっている。
バラードでじっくり聴かせ、「俺の空」では切れ込むメロディーに載せて怒りをぶつけ、お得意のアカペラ
「バラ色の人生~ラヴィアンローズ」で締める。
ベテランの味をとくと堪能させて頂いた。脱帽。

初回盤に付属のボーナスCD「Joy1.5」は、既発シングルのカップリング等を含むライブ音源7曲入り。
こちらも音質が向上しているので必聴。
達郎さんのライブはまだ未体験なのでいつか参加してみたい。

A○Bがあの手この手で煽ろうと、○-POPが勢いを増して乗り込んでこようと、日本には山下達郎がいる。
安心出来る音楽があるのはいい事だ。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
221位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。