彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「林原めぐみのTokyo Boogie Night」放送1000回突破記念公開録音

6月11日(土)

林原めぐみさんのラジオ番組
「林原めぐみのTokyo Boogie Night」
の放送1000回突破記念公開録音に当選したので参加してきた。
PICT0002_convert_20110612223803.jpg PICT0003_convert_20110612200413.jpg PICT0007_convert_20110612200702.jpg

番組が始まったのが1992年4月。
開始当初は土曜26時、現在は日曜24時からの放送(TBSラジオ基準)。
さすがに第1回からではないが、友人の紹介で割と初期の段階から聞く様になり早19年。
忙しさにかまけて時々聴けない時もあるけど、何だかんだで長い付き合いとなった。
この番組を知ったおかげでめぐさんを始めとする声優やアニメを知り、現在の趣味に繋がってるのでこの番組には感謝してもしきれない。

公録会場となる中野サンプラザには朝8時半頃に到着。先客は300名余りといった所。
まずは東日本大震災への義援金受付列に合流し、降りしきる雨の中で受付開始をじっと待つ。
待機中のBGMは前日にフラゲした

林原めぐみ BESTアルバム VINTAGE White林原めぐみ BESTアルバム VINTAGE White
(2011/06/11)
林原めぐみ

商品詳細を見る


10時の受付開始以降はサクサクと進行し、40分足らずで募金完了。
で、募金と引き換えに受け取ったのが直筆サイン入りオリジナル色紙。
あらいずみるい、貞本義行両氏の書き下ろしによるイラストだけで大変価値の有るもの。
F1000191_convert_20110612200056.jpg

会場では義援金と合わせて、日本赤十字社の協力による献血も行われた。
献血好きの身としては協力したかったが、ライブパート中に出血するのを恐れて断念w
PICT0005_convert_20110612200527.jpg

その後は会場周辺で旧来のお仲間とご挨拶。雰囲気は同窓会そのもの。
番組開始当初はピチピチだった人も相応の年齢に…時の流れは残こ(ry

13時から当選葉書と入場券の引き換えが開始。
割り当てられたのは2Fの2列目。前方がクリアに見渡せる点では悪くない席。

入場券受取後は一旦会場を離脱して遅めの昼食タイム。
16時半過ぎに再び会場に戻ってそのまま入場。
入場時に配られた資料には1本のサイリウムとサプライズ企画の説明書き。スタッフも気合が入ってるのを実感。

席に着いた後は、手持ちのサイリウムをサプライズと被らない様説明しつつ周辺に配布。
ご協力頂いた皆様にはこの場を借りて感謝申し上げます。

17時05分、いつものテーマ曲が流れてめぐさんが舞台に登場しイベント開始。
詳細は公式レポート
http://www.starchild.co.jp/artist/hayashi/tbn1000_report/
をご覧頂いた方が楽しめると思うので、覚えてる限り補足など。
=======
<番組公録パート>
・早口言葉の挑戦状は「片側1000車線、潜水艦、客席潜入」。見事達成!
・東北、九州、北海道から来た当選者の名前を読み上げる。
・献血や700回公録時の米缶はリスナーの発案。
 しかし米缶は提案者の手元に渡ってなかった事が判明。
・3000回公録時にはめぐさんは84歳。
・某兄弟番組に続き、葉書を1000枚書いたリスナー現る。
 さらに1000枚の葉書を床一面に敷き詰めて「VINTAGE White」のジャケットを再現。
 しかし力作も報われず落選。
・お祝い電報はTBSの関係者2名とご存知大月Pから。
 大月Pのしょーもないコメントを嫌そうに読み上げるめぐさんw
・お祝いを兼ねてキティとダニエルが乱入し番組乗っ取り。
 今回はいつもの声優仲間からの映像コメントがなかったのが残念。
18時02分終了。
約10分の休憩を挟んでライブパートへ突入。
<ライブパート>
01 Over Soul
02 Northern lights
03 スレイヤーズメドレー
・Give a reason
・don't be discouraged
・raging waves
・feel well
・Meet again
・Plenty of grit
04 Bon Voyage!
05 はなれていても
06 集結の園へ
07 集結の運命
08 JUST BEGUN
【アンコール】
09 Heart bridge
10 Tokyo Boogie Night[2002version]

最後はいつも通り「BECAUSE」に乗せてめぐさんの有り難いお言葉があり、
19時35分頃終了。
MCでは「VINTAGE White」のジャケット写真がネット上で騒がれた事への愚痴を零したり、サイリウムの動きが揃ってる事に感心したり、岡崎さんへの想いを語ったりといつものめぐさんトーク。
アップテンポな曲では煽ってくる所もあり、太もも全開の衣装と合わせて終始ノリノリだった。
入場時にスタッフ側から提案されたサプライズ企画
“「Tokyo Boogie Night」に合わせてUOのサイリウムを折る”
も大成功。オレンジ一色に染まった会場はどこのエタブレかキラメキラリかとw
=======
めぐさんのコメントで印象的だったのは
「みんなそこそこ大人になったよね。下の世代に何かを伝えられる大人になりたい。」
「リスナーのみんなを信じてる。」
とのくだり。
めぐさんと共に歩んできたリスナーも、自分を含め相応の年齢になってきた。
どんな場でも責任を持って事を進めなければいけない立場になりつつあるのは確か。
そして、責任を持つからには信じてくれた人を裏切ってはいけない。
例えば、転売禁止を前提として義援金と引き換えのサイン色紙もその一環だよね。
尚、今回のイベントの模様は6月第4週に各局で放送の予定。
丁度放送1000回にぶつけるのは兄弟番組と同じパターン。

イベント終了後はお仲間と打ち上げ。
酒を呑みつつ懐かしい話や近況報告等に花が咲いた。
10年20年経っても共通の言語で集まれる仲間がいるのはとても嬉しい。

この先もめぐさんと番組とともに人生が重ねていける事を願いつつ、いつもの1リスナーに戻ろう。
改めて、Tokyo Boogie Night放送1000回おめでとう!
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
860位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
221位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。