彷徨える日々のカケラ

斜めに生きるダメオトナが、とりとめもない(!?)日常などを適当に書き綴っています

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

提督の研修旅行【旧呉鎮守府編】其の弐

前記事からの続き】
9月21日(月)
呉旅行2日目は、呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)と海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)
を見学。
周辺は観光客と買い物客で混雑していて、車を駐車する場所探しに苦労しました;;

大和ミュージアムは開館10周年の区切りを迎えたところ。
この日も見学客で大変混雑していました。
DSCF0515 - コピー DSCF0487 - コピー DSCF0490 - コピー
DSCF0501 - コピー DSCF0502 - コピー DSCF0503 - コピー
DSCF0505 - コピー DSCF0506 - コピー DSCF0493 - コピー
DSCF0494 - コピー DSCF0495 - コピー DSCF0496 - コピー
DSCF0508 - コピー DSCF0509 - コピー DSCF0510 - コピー
DSCF0511 - コピー DSCF0512 - コピー DSCF0492 - コピー
DSCF0517 - コピー
実際に使用されていた戦闘機や特殊艇、兵器類もさることながら、戦地に赴いた軍人の遺書や
遺品の数々に胸が詰まる思いでした。
輝ける未来を信じて彼方の地に散った無数の尊い命、その思いを忘れてはいけないと強く胸に刻みました。
一度は訪れて損はない施設と強くお勧めします。

続けてお隣のてつのくじら館へ移動。
DSCF0514 - コピー DSCF0518 - コピー DSCF0519 - コピー
掃海艇や潜水艦の歴史を深く掘り下げた展示内容は見応えあり。
そして、何と言っても退役した本物の潜水艦「あきしお」の内部見学が一番の見所。
混雑していたため撮影は出来ませんでしたが、とにかく狭かったです。

この時点で夕方を迎え、自宅へ戻るべく呉を離脱。
東広島呉自動車道→(高屋JCT)山陽道→(神戸JCT)中国道→(吹田JCT)名神高速→
(草津JCT)新名神高速→(亀山JCT)東名阪道→(四日市JCT)伊勢湾岸道→
(豊田JCT)東名高速→(三ヶ日JCT)新東名高速→(御殿場JCT)東名高速→
(海老名JCT)圏央道
と走破して、翌22日(火)朝に埼玉の自宅に戻りました。
DSCF0536 - コピー
往復約1,600km、計22時間弱を1人で運転するのは結構な冒険でしたが、CX-5のゆとりある性能と
安定した天候に助けられ、運転そのものは飽きることなく楽しかったです。
今回は江田島まで辿り着けなかったので、また機会を改めて呉を訪れたいですね。

日本を取り巻く環境が変化し、それに対する備えの方法を巡って議論が交わされている昨今ですが、
まずは過去の歴史と現状を認識し、それを踏まえて未来を論じる姿勢が重要なのではないかと
気づかされた今回の旅でした。
立案のきっかけを作ってくれた艦これに感謝です。

さて、再び提督業に精を出すとしますか…。
スポンサーサイト

提督の研修旅行【旧呉鎮守府編】其の壱

しばらくぶりの更新となります。放置プレイでスミマセン。

思うところあり、イベント参戦より提督業(艦これ)に主軸を移しているこの頃。
ゲームを通じて歴史や艦艇への興味が高まってきたこともあり、先日のシルバーウィーク
を利用して旧鎮守府の伝統が息づく街・呉に行って参りました。

久々にロングドライブがしたくなったので、移動手段は自動車を選択。
高速道路主体の移動なのでハイブリッドは除外し、長距離ドライブの鍵と考える
・燃料代の安さ
・トルクの太さ
・高めのアイポイント
に期待して、マツダCX-5 2.2L SKYACTIV-Dのレンタカーを調達。
DSCF0347 - コピー DSCF0331 - コピー
9月19日(土)夕方に東京都内を出発し、
首都高4号→中央道→(小牧JCT)東名高速→名神高速→(吹田JCT)中国道→
(神戸JCT)→山陽道→(高屋JCT)→東広島呉自動車道
を経由して翌9月20日(日)朝に呉到着。

初日は旧鎮守府(現・海上自衛隊呉基地)を中心に各所を見学しました。
残念ながら知識が初心者レベルなので、以下詳細な説明は省きますw
画像多めですがどうかお許しを。

アレイからすこじま
DSCF0360 - コピー DSCF0355 - コピー DSCF0359 - コピー
DSCF0357 - コピー DSCF0358 - コピー

音響測定艦「ひびき」 将来はВерныйに
DSCF0351 - コピー

呉造修補給所にて艦艇の一般公開に参加
DSCF0362 - コピー DSCF0363 - コピー

左から練習艦「しらゆき」 可燃物は投棄されましたか?
掃海艇「あいしま」「いずしま」「みやじま」、掃海母艦「ぶんご」
DSCF0365 - コピー

左奥から護衛艦「さみだれ」(2隻おいて)「とね」「あぶくま」「せんだい」
DSCF0367 - コピー

ぶんごを横から
DSCF0381 - コピー

護衛艦「いなづま」 なのです!
DSCF0382 - コピー

とね ちくまぁ~!とあぶくま 漢字で書けます?
DSCF0375 - コピー DSCF0379 - コピー

せんだい 早く夜戦!
DSCF0373 - コピー DSCF0380 - コピー

さみだれ ドジっ子なんて言わせません
DSCF0383 - コピー DSCF0384 - コピー

この日の公開艦は訓練支援艦「くろべ」。隣には同じく「てんりゅう」ちゃん
DSCF0385 - コピー DSCF0386 - コピー DSCF0387 - コピー DSCF0390 - コピー
DSCF0398 - コピー DSCF0393 - コピー DSCF0396 - コピー DSCF0401 - コピー
DSCF0395 - コピー

てんりゅうの向こうで存在感を見せる護衛艦「いせ」 日向がびっくりしちゃうかな?
DSCF0391 - コピー

輸送艦「おおすみ」
DSCF0406 - コピー DSCF0372 - コピー

工作部建物 明石さんやメロンちゃんの職場
DSCF0407 - コピー

艦艇見学は初めてでしたが、隊員の皆様が誇りを持った表情で説明や整備に当たる姿が
とても印象的でした。敬礼!

艦艇見学後は、徒歩で歴史の見える丘を訪問。
DSCF0414 - コピー DSCF0415 - コピー DSCF0419 - コピー DSCF0410 - コピー
DSCF0412 - コピー

目の前のジャパンマリンユナイテッド呉工場は旧海軍工廠。
戦艦「大和」を建造した造船船渠の上屋も当時のまま(船渠自体は埋立済)
DSCF0454 - コピー

丁度護衛艦「うみぎり」が入渠していました。
DSCF0456 - コピー

さらに歩き続け、市民広場の脇を抜けて入船山記念館へ。
DSCF0420 - コピー DSCF0421 - コピー DSCF0426 - コピー
DSCF0439 - コピー DSCF0438 - コピー
DSCF0424 - コピー DSCF0425 - コピー

本館は呉鎮守府司令長官官舎。和洋折衷の洒落た造りに只々感心。
DSCF0427 - コピー
DSCF0431 - コピー DSCF0432 - コピー
DSCF0430 - コピー DSCF0433 - コピー
DSCF0429 - コピー DSCF0437 - コピー
DSCF0435 - コピー

少し足を延ばして、旧呉鎮守府庁舎(現・呉地方総監部庁舎)を見学。
現役庁舎のため立入不可。
DSCF0442 - コピー DSCF0444 - コピー DSCF0449 - コピー DSCF0448 - コピー
DSCF0450 - コピー DSCF0453 - コピー DSCF0443 - コピー DSCF0447 - コピー

一旦車に戻って海沿いを離れ、長迫公園を訪問。
軍人や軍艦の英霊が眠る墓を前に、しばし沈黙及び合掌。
(個々の墓の撮影はあえて遠慮しました。)
DSCF0459 - コピー DSCF0461 - コピー DSCF0460 - コピー

初日はここまで。
2日目は次の記事にて。

水樹奈々「エデン」などを買ってきた

随分出遅れてしまいましたが、2015年最初の更新となります。
本年もどうぞ宜しくお願い致します。

1月15日(水)

エデンエデン
(2015/01/14)
水樹奈々

商品詳細を見る

をアニメイト所沢店にてお迎え。
特典としてポストカードがついてきました。
DSC03729_convert_20150118142656.jpg

今回も街角に巨大看板やアドトレーラー、フラッグといった広告が各方面で展開されていて、
全ての曲がタイアップ付なのと相まって相当力が入っています。
あくまで主観ですが、前作がやや地味な印象だったのでその巻き返しもあるのかなと…。
DSC_0485_convert_20150118141451.jpg DSC03724_convert_20150118142322.jpg DSC03739_convert_20150118142856.jpg

表題曲「エデン」は、シングル曲としては珍しく(!?)大人な雰囲気溢れるラブソング。
奈々ちゃん本人の書き下ろした詞にはどことなく艶っぽさも漂います。
加えて、秘めた熱さを包括したメロディーがそれを一層盛り上げてます。
これが奈々ちゃんの等身大なのかな…と邪推して聞き込んでしまうのはオッサンの悪い癖w

カップリングは3曲。
脈動感あふれるテンポが目立つ「No Limit」。
切なさの中にも前向きさを漂わせる「終末のラブソング」。
じっくりと歌い上げるバラード調の「Necessary」。
特に「Necessary」は珍しく松井五郎さんが詞を書いていますが、ホントに女性視点の表現が
上手だなと感心してしまいます。

今回のシングルは何といっても「エデン」に尽きます。
変に若く見せるでも背伸びするでもなく、今の奈々ちゃんを反映したかの様な
素敵な楽曲です。
近年の表題曲では一番の当たり、そう断言しても宜しいかと。

ちなみに、同日発売の
NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+ [Blu-ray]NANA MIZUKI LIVE FLIGHT×FLIGHT+ [Blu-ray]
(2015/01/14)
水樹奈々

商品詳細を見る

も購入しましたが、後で時間を作ってゆっくり見ようと思います。
暑い夏の最中、山梨香川神奈川と飛び回った熱い思い出を噛み締めつつ…。
DSC03725_convert_20150118142426.jpg

田村ゆかり「あのね Love me Do」を買ってきた

12月23日(火・祝)

あのね Love me Do(初回限定盤)(DVD付)あのね Love me Do(初回限定盤)(DVD付)
(2014/12/24)
田村ゆかり

商品詳細を見る

をタワーレコード池袋店にてお迎え。
特典としてポストカードがついてきました。
今回も街角に巨大広告やアドトレーラー等広告が各方面で展開されていて、
宣伝下手な(!?)姫を補うようにかなり力が入っています。
最も、今回のシングルはノンタイアップなので元々しっかりやる必要は
ありますが…。
なお、パッケージは例によって桜餅の薫りがしますw
DSC03689_convert_20141231185616.jpg DSC03691_convert_20141231185721.jpg

表題曲「あのね Love me Do」は、詞も曲もボーカルも全てがスイートで
キュートな空気に満ち溢れた真っ直ぐなラブソング。
ゆかりんにはやはり甘々でラブリーな曲が似合うと思うのです。
聴く側も幸せな気分に浸れる、まさにシングル向きの奇をてらわぬ仕上がり。
サビ部分はライブに於いてコール&レスポンスが定着しそうですね。

カップリングは2曲。
「エキセントリック・ラヴァー」は、シングルでは珍しく斜め加減の黒ゆかりんが
堪能できるロック調の楽曲。投げ出す様なボーカルもまた魅力的。
「まだ好きでいさせて」は、失くした恋をゆかりんが抑え目に切なく歌い上げる
ミドルテンポの楽曲。追憶を重くしないさじ加減が絶妙。
「you」は、これもシングルでは意外とも言える弾き語り調のバラード。
語りかける様なボーカルがぐっと胸に迫ります。
これをラストに持ってくるとはゆかりんずるいですw

シングルというよりミニアルバムを聴いてるような、そんな充実感に溢れた1枚。
ゆかりんの魅力は『甘さ』なんだと再確認出来る、素敵な冬の贈り物です。
また、初回限定盤に付属しているDVD及びミニ写真集も可愛らしい仕上がり。
ゆかりんはヴァーチャルデートがお好きですねぇ。

さて、2014年の当ブログの更新はこれにて最終となります。
更新頻度が今イチなのは反省せねばなりませんが、お付き合い下さった皆様に
深く感謝申し上げます。
宜しければ来年もお付き合い頂けると嬉しいです。

それでは、よいお年を。

水樹奈々「禁断のレジスタンス」を買ってきた

10月14日(火)

禁断のレジスタンス禁断のレジスタンス
(2014/10/15)
水樹奈々

商品詳細を見る

をタワーレコード池袋店にて購入。
特典としてポストカードがついてきました。
近作同様、駅構内や街角に巨大広告やフラッグ、アドトレーラー等広告も
幅広く展開されていて力の入れ様が伺えます。
DSC03625_convert_20141019230936.jpg DSC_0385_convert_20141019224851.jpg DSC03640_convert_20141019230324.jpg

表題曲「禁断のレジスタンス」は、奈々ちゃんが主演を務めるアニメ
「クロスアンジュ」の主題歌。
アップテンポで畳み掛ける様なメロディーは、「ザ・水樹奈々」と呼ぶに
相応しい王道ソング。
第一印象はありきたりな感が強かったのですが、何回も聴いているうちに
そのストレートな曲調が印象に残るようになりました。
聴く側としてはつい変化球を求めがちですが、ベタな直球も大事ですねw

カップリングは2曲。
劇場上映版「宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海」のエンディング主題歌である
「BLUE」は、飾りを抑えたシンプルかつ壮大な曲調に伸びやかなボーカルが
重なるバラード。
「ドリームライダー」は、What cheer?を思い起こさせる様な弾けるメロディー
が特徴。

奈々ちゃん流の個性が凝縮された感のある今回のシングル。
王道を貫きつつも攻めの姿勢を失わず、来年に繋げていくことを期待します♪

ご案内

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

NHK時計木目調

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

プロフィール

たれ斜壊人

Author:たれ斜壊人
自称「永遠の14歳」
ニッポンをあきらめない、投げ出さない

ついったー

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
サブカル
1167位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
303位
アクセスランキングを見る>>

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。